心臓病向け PET (陽電子放出断層撮影)
患者は、放射性同位体を静脈に投入されたのちに、PETスキャナーを使用して診断されます。この試験は、従来の心筋ストレス検査に比べて迅速に実施できます(30分以内)。また個々の冠状動脈や冠血流予備能を非侵襲的に評価するので、より正確な結果が期待できます。こうした理由から、心臓病向けPETは、中程度のリスクを抱える患者にとって理想的な方法と言えます。このリスクレベルには、糖尿病、心臓麻痺、血管再開通術を経験した患者等が該当します。
^ トップへ戻る
アスリート・スクリーニング & 運動療法
通常の心臓検査の他に、心臓検査や運動療法を必要とするアスリート向けの検査も行っています。運動検査の結果を、それぞれの患者にとって運動のメリットを最大化するために利用できます。
^ トップへ戻る
専門家への相談
疾患を抱えている患者だけではなく、現在は健康でも、今後の心臓疾患リスクを減少したい方にとっても、最適な医療サービスを提供しています。
^ トップへ戻る
12誘導心電図 (ECG)
これは心臓の電気的活動を確認する検査です。皮膚上から電極を流して、心臓の状態を記録します。
^ トップへ戻る
トレッドミル運動負荷試験(TMX)
トレッドミル運動負荷試験は、運動時の心臓の耐性を検査することで、冠状動脈性心臓病を発見する試験です。トレッドミルストレス試験は、トレッドミルマシンを利用してウォーキング/ランニングを行い、患者のECGおよび血圧を測ります。
^ トップへ戻る
超音波心臓検査
この検査方法では、超音波エネルギーを胸壁に向けて使用して、心臓の画像を取得します。これらの画像を利用することで、心臓の位置や心臓壁運動、内部室、心臓弁、血流等を確認できます。この検査を利用して、心臓弁が適切に機能しているかどうか、または大血管と心室間の血流に異常が見られないかどうかを判断します。
^ トップへ戻る
将来の冠動脈疾患の可能性を検査する動脈超音波検査
動脈超音波検査では、高周波の音波を利用して、大動脈の内部を撮影することで、脳に酸素を豊富に含む血液が供給されていることを確認します。頸動脈内にプラークが多くあると、心臓発作を導く可能性があります
^ トップへ戻る
携帯型心電図
携帯型心電図とは、心臓の電子的活動または心電図を継続的に観察できるポータブルの装置です。心臓の鼓動を2週間以上調べることができます。こうした手法により、一時的な不整脈等を調べることが可能です。さらに、ペースメーカーも検査できるので、治療薬がどれくらい機能しているかを評価することもできます。
^ トップへ戻る
24時間観血的動脈圧測定(ABP)
携帯型心電図とは、心臓の電子的活動または心電図を継続的に観察できるポータブルの装置です。心臓の鼓動を2週間以上調べることができます。こうした手法により、一時的な不整脈等を調べることが可能です。さらに、ペースメーカーも検査できるので、治療薬がどれくらい機能しているかを評価することもできます。
^ トップへ戻る
総合的な血液/尿検査
正確な医療診断を行うためには、血液検査が必要です。当クリニックでは、血球数検査、脂質状態、腎臓、肝臓、および甲状腺機能テストの他、糖尿病、骨、痛風、B型肝炎、がん検診を含む、統合的な血液検査を実施しています。
^ トップへ戻る
心臓ストレス検査(心エコー検査&放射性核種)
心臓ストレス検査(ECGストレス検査)は、冠状動脈性心臓病の診断や、リスク分類、さらに心疾患患者の症状のモニタリング等に利用します。冠状動脈の閉塞がみられる患者には、より多くの酸素が必要な際には、十分な血液が供給されないことがあります。ストレス検査は心臓カテーテルより侵襲が少なく、さらに血流の異常を検知します。心臓への負荷は、運動時や投薬を行っている際に、より高まります。放射性核種心筋血流イメージングは、ECGストレス検査よりも感度や(85 ~ 90%)特異度(70 ~ 80%)が高いのが特徴です。この方法は、ストレス検査中に、ECGの変化を観察する際に阻害する可能性があるECGの異常を抱える患者に対して、特に有効です。また閉経前女性など、運動負荷心電図の偽陽性が高い可能性のある患者にも、大変有効です。心筋血流イメージングは、冠状動脈狭窄症の機能的重要性を判断するのに役立ちます。この判断が行われた後に、冠動脈造影法を利用して、より詳しい検査を行います。
^ トップへ戻る
マルチスライスCT 冠動脈造影検査& カルシウムスコア コンピュータ断層撮影
冠動脈造影法(CTA)は、非侵襲性の心臓画像診断法です。高画質かつ3次元の画像を撮影できるので、冠状動脈内の脂肪やカルシウム沈着の有無を検査できます。冠動脈造影法(CTA)を利用することで、主な動脈を詳細に検査し、心臓疾患の原因となる冠動脈壁の「ソフトプラーク」を発見します。カルシウムスコア診断は、冠状動脈内の動脈硬化性プラークにカルシウム沈着があるかどうかを調べる検査です。将来的に、冠状動脈の疾患が発生するかどうかを評価するために利用します。
^ トップへ戻る
侵襲性冠動脈造影、血管内生理的評価、血管形成術(ステント留置)
侵襲性冠動脈造影と血管内生理的評価は、血管内の状態を視覚化するために使用する医療撮影技術です。この方法では、放射線不透過性の造影剤を血管に投入し、蛍光透視法等のレントゲン技術を活用して画像を獲得します。血管形成術(ステント留置)や経皮的冠動脈形成術(PTCAまたはPCI)は、冠状動脈の閉塞に対する治療に、広く利用されています。初回血管形成術は、バルーンが先端に付いたカテーテルを心臓まひの患者に使用して、閉塞した血管を再度開くための方法です。早期に冠動脈インターベンションを行うと、より高い効果を期待できます。
^ トップへ戻る
最新のハイブリッド PET CT
ハイブリッド PET CTは、PET (陽電子放出断層撮影)やコンピュータ断層撮影の技術を活用します。ハイブリット PET CTの主な利点は、冠状動脈を視覚化し、同時に生理学的重要性を確認できる点にあります。冠状動脈のCT血管造影を利用することで、CAD(冠状動脈に関わる疾患)を引き起こす恐れのある冠状動脈の狭窄に関する情報を得られます。一方で、新しいPET血流トレーサーでは、これらの閉塞性病変の機能的重要性に関する情報を得ることができます。現在、当クリニックでは主に、冠状動脈インターベンションを使用して冠状動脈の狭窄を診断しています。最新技術を利用したCT血管造影により、プラークの形態の画像を撮影し、内腔の狭窄を評価するだけではなく、放射性標識配位子をPETを実施する際に利用して、プラークの生態と不安定度を評価することが可能になります。これは、狭窄のリスク要因を持つ、無症状の患者に関連しています。
^ トップへ戻る