ホーム

Our Services

患者は、放射性同位体を静脈に投入されたのちに、PETスキャナーを使用して診断されます。この試験は、従来の心筋ストレス検査に比べて迅速に実施できます(30分以内)。また個々の冠状動脈や冠血流予備能を非侵襲的に評価するので、より正確な結果が期待できます。こうした理由から、心臓病向けPETは、中程度のリスクを抱える患者にとって理想的な方法と言えます。このリスクレベルには、糖尿病、心臓麻痺、血管再開通術を経験した患者等が該当します。

クリニックは、心臓陽電子放出断層撮影スキャン(略して心臓PET)を含む多くの高度な診断手順を提供します。 心臓PETは、従来の心筋ストレステストよりも高速で、30分以内に完了することができます。 3次元画像により、心臓専門医は冠状動脈の健康状態と血流を非侵襲的に正確に分析できます。

その他の心臓病学サービスには以下が含まれます:

  • 心臓病向け PET (陽電子放出断層撮影)
  • アスリート・スクリーニング & 運動療法
  • 専門家への相談
  • 12誘導心電図 (ECG)
  • トレッドミル運動負荷試験(TMX)
  • 超音波心臓検査
  • 将来の冠動脈疾患の可能性を検査する動脈超音波検査
  • 携帯型心電図
  • 24時間観血的動脈圧測定(ABP)
  • 総合的な血液/尿検査
  • 心臓ストレス検査(心エコー検査&放射性核種)
  • マルチスライスCT 冠動脈造影検査& カルシウムスコア コンピュータ断層撮影
  • 侵襲性冠動脈造影、血管内生理的評価、血管形成術(ステント留置))
  • 最新のハイブリッド PET CT
Top